札幌のサックス教室 サックスセラピーのブログ

札幌サックス教室サックスセラピーのサックス講師によるサックスにまつわるブログ。

タグ:上野耕平


ご無沙汰しております。実に3ヶ月以上ぶりです。ブログはサボっておりましたが、レッスン準備(楽譜作成)と己のサックス練習にいつも以上に時間を割いていました。吹奏楽をやっていた学生時代よりも吹いてます。未だに練習すると日々発見があって楽しいですね。これだからサックスは止められません。

最近しゃべくりなどTVで見かけることも増えてきたヴァイオリニスト~木嶋真優さんなんて3歳から365日欠かさず、チャーリーパーカーも仰天の一日4~14時間練習しているそうです。「練習していると時間感覚がなくなる」とおっしゃっておりましたが、お休みの日は私もそうなりたいです。

昨年の10月くらいからとある目標に向かって特にクラシックな曲をおさらいしていましたが、一段落ついたので、今日からは180度異なる方向性の次なる目標に向けて技と表現力を磨き、レッスンで皆様にそこで得た知恵を還元していきたいと思います。完成するかどうかもわからないくらい私にとっては難敵ですが、遠いいつの日かもし完成したら動画を上げたいと思います。

レッスンはオール・ジャンルOKなのですが、スムースジャズ・フュージョン系、ポップス系、吹奏楽などを吹いている生徒さんが多く、「クラシック・サックスがピンと来ない」と言われることがしばしばありますが、今日はそんな方々にオーソドックスなクラシック、サックス協奏曲のド定番をお送りしてみます。

久々の投稿となるYoutube動画でお聴きください。思えばサックス大改造後初の動画です。こちらもサボっていて申し訳ない。


ジャック・イベール作曲
『アルトサックスと11の楽器のための室内小協奏曲』より第一楽章



BPMは126。その他の楽章は伴奏音源が見つけられなかったのでまたの機会に。







本日日中はヤマハ札幌店きたこぶしホールにて私自身の指導法の勉強のために上野耕平氏のクリニックを聴講してきました。

ご存知の方も多いと思いますが、上野耕平氏は2014年第6回アドルフ・サックス国際コンクール(ベルギー・ディナン)で第2位を受賞し、TVでも注目されている若手サクソフォン奏者で、The Rev Saxophone Quartetやぱんだウインドオーケストラのコンサートマスターとして活動されていらっしゃる方です。

上野耕平公式HP


クリニックは初級向けの講座と中上級者向けの講座、合わせて3時間みっちり勉強させていただきました。

受講者全員からサックスにまつわる疑問・質問、悩み・問題点を聞き出し、時間内で見事それらに全て答えておりました。問題解決型のレッスン・スタイルは当教室サックスセラピーでもよく取り入れております。(何が問題かわからなかったり、困っていることはありません、という生徒さんには他の方法が必要ですが)

クリニックに参加された方から寄せられたリクエストには主に以下のようなものがございました。

・ビブラートのかけ方
・タンギング(速くする方法・ダブルタンギングのコツ)
・ピッチコントロール
・高音の音色
・音色(柔らかい・豊かな)
・指が回る方法
・発音をきれいにする方法
・フラジオの練習方法
・リードの使い方
・アンブシュア
・鳴りムラをなくす方法

それらに上野氏がわかりやすくシンプルに答えておりましたが、私がレッスンで取り入れている方法と同じことが随所に見られ、この教え方で良いのだと再認識し、おかげで自信を取り戻せました。もちろん新しくレッスンに取り入れられそうなことも一つ二つありましたので、積極的に取り入れていきたいと思っております。

今回のクリニックは各講座30名程度のグループ対象でマンツーマンではないので、参加者の中でも上に列挙したリクエストに対し、もっと詳しく知りたい方もいらっしゃることでしょう。またご興味はあったけれど都合で参加できなかった方、当教室のレッスンを受講してより理解を深めて欲しいと思います。

「何を無名講師が偉そうに」と思われた方、申し訳ございません。それぐらい上野氏に同調、賛同できる点が多々あった(少なめにみても9割以上)ということです。


いつもクリニックを聴講して残念に思うのは、クラシック・サックス奏者のクリニックには吹奏楽の方だけが参加し、ジャズ・サックス奏者のクリニックにはジャズの方だけが参加しがちだということです。たまには自分と畑違いのクリニックに参加するのも発見があって良いと思います。あと、いないわけではないですが、指導者の方の参加もいつも少なめに感じられるのが寂しい限りです。


私は特にサックスのレッスンを仕事にしてから、クラシック・ジャズ問わず、多くのサックス奏者のクリニックや公開レッスンを聴講してきました。演奏家としては有名だけれども教え方や講義内容がちょっと、という方もこれまでには確かにいらっしゃいましたが、上野耕平氏は演奏のみならずクリニックでの教え方も素晴らしく、聴講した甲斐がありました。


貴重で有意義なイベントを企画してくださったヤマハ札幌店様、ありがとうございました。












 


先週の田中靖人さんのイベントに続き、レッスンの合間に本日は上野耕平さんのミニコンサートに行って来ました。

どちらのイベントにも元生徒さんがいらっしゃっていて、本日会った方とは少しお話をさせていただきました。そういった積極的で研究熱心な姿を拝見すると嬉しくなりますね。 

田中さんのイベントでは穏やかな話し方やお人柄の良さが刺激になりました。


本日の上野耕平さんの演奏はフレッシュでメリハリがあり、演奏中のキレのある動きも「サックスを楽しんでいる」感が出ていて、本当に無料でいいの?という思いがしました。

途中、サックスで除夜の鐘、F1レーシングカー通過音、暴走族がエンジンをふかす音を真似してくれたりして、場が和やかになりました。

上野さんが所属するカルテット「The Rev Saxophone Quartet」による公演が5/13(水)、真駒内六花亭ホールであるので、今回聞き逃した方は聴いてみてはいかがでしょうか?

rev-saxophone-quartet


二週連続のイベントでお二方から感じたのは「サックスで遊ぶ」ということの大切さです。

これまで私もサックスでいろいろと遊んできましたがまだまだ遊び足りない!

時間や労力のかかることも多々あるでしょうが、生徒の皆様にも「サックスで遊べている」と感じられるまで末永く サックスをやっていて欲しいなと思います。

 
あと当サックス教室の今年の発表会(SaxTherapy 第六回 サックスコンサート) ですが、無事、開催日と場所が決定いたしました。三年連続くじ運の良さに恵まれ、札幌時計台ホールで9/20(日)に開催いたします。

詳細は後日お知らせいたします。



2月~3月のヤマハミュージック札幌店のサックスイベントが熱すぎる!

【鳴るほど・ザ・サックス】
東京佼成ウインドオーケストラ 田中靖人氏によるワンポイントレッスン&楽しいトークの時間です!

2月22日(日)14:00〜 完全予約制!お一人様1,000円  

私はもう予約しちゃいました!


そして、さらに!

【上野耕平 サクソフォン ミニコンサート】
昨年サックスの世界最高峰“第6回アドルフ・サックス国際コンクール”にて、第2位を受賞したサクソフォン界の若き偉才によるコンサート。

 《観覧無料》  3月1日(日) 1st 13:00〜 2nd 15:00〜

これまた絶対に聴きに行きたい。


【アウトレットセール】
 2月14日(土)〜3月8日(日) 
ヤマハ管楽器アウトレット&小物フェアヤマハ管楽器の生産完了品・展示品・キズあり品等がお買い得に!
 
2月21日(土)〜3月8日(日) 
ヤマハ外メーカー管楽器アウトレット&リードフェア ヤマハ外メーカー管楽器のアウトレット品が揃います!


皆さんも足を運んでみては?


 

このページのトップヘ