構想から改造に着手し、ここに至るまで約二ヶ月。急ピッチで進められたアルトサックス大変身がついに完結!

温かみのある低音、速いレスポンス、指回しの無駄を省く、吸い付くようなタッチ、フラジオ音域を容易に拡大でき、サブトーンからパワフルな音までコントローラブル。想像通り、いや想像以上の楽器に化けました。

《クラシック・セッティング》
IMG_20181126_150428IMG_20181126_150628

 《ジャズ・セッティング》
IMG_20181126_145631
IMG_20181126_150233
 
たとえ消耗が進んだリードでもフラジオが中らないということもなく、たとえ4番のハズレリードでも、まるで2半くらいの感覚で楽に鳴らせる。元々響きのある楽器ではありましたが、さらに音の芯が厚みを増したようです。

早く慣れてさらに長所を伸ばしていきたいと思える良き相棒です。

IMG_20181126_150718
IMG_20181126_150825
IMG_20181126_151316

IMG_20181126_151032
IMG_20181126_151134
IMG_20181126_152004
IMG_20181126_152119
IMG_20181126_152138

IMG_20181126_152253

微調整にまだ時間はかかりますが、試行錯誤の上、現時点では音響改善パーツを下記の位置に配置。配置が違うだけで音量・音質が変化したり、間違えればデッドな音ができたり、雑音が入ったりするので、バランスを見ながら取っ替えひっかえしております。

IMG_20181130_203914
IMG_20181130_203747
IMG_20181130_203838
IMG_20181130_203529
IMG_20181130_203702


多くの方のお力添えにより唯一無二のアルトサックスが完成いたしました。ありがとうございました。

*Special Thanks
土井鍍金
京進機工
KANファクトリー
管楽器修理工房ブラスワーク
キクチ楽器サービス

楽器に負けぬよう腕を磨きたいと思います。

誠に勝手ではございますが、明日より二ヶ月間
心の旅に出るため(謎)、ブログはお休みいたします。

レッスンはもちろんやってますし、毎日お問い合わせをワクワクしながらお待ちしております。