札幌のサックス教室 サックスセラピーのブログ

札幌サックス教室サックスセラピーのサックス講師によるサックスにまつわるブログ。

2020年09月

アニメ、TV東京『天元突破グレンガラン』、NHK-FM『アニソンアカデミー』双方のオープニングテーマソングとしてタイアップされたしょこたん、中川翔子のシングル3作目作詞Megrock(日向めぐみ)、齋藤真也作・編曲の「空色デイズ」を以前私が私的に参加したライブではアルバム「ブラスタG」収録の東京ブラススタイルによる同曲の演奏を意識してカーブドソプラニーノサックス
で演奏した時の楽譜ですが、空色デイズ」好きな方でしたら活用可能なアルトサックス、ソプラニーノサックス、アルトサックス、バリトンサックス、エスクラリネット、エスコルネット(E♭管楽器用楽譜となります。
下記音源を元に作成した楽譜となりますのでこちらを聴いてからご判断を。空色デイズ-東京ブラススタイル
https://music.youtube.com/watch?v=rSuXxW0P8M0&feature=share

販売中の楽譜はこちら





たまには演歌の楽譜を販売中。レーモンド松屋さんの演歌歌手としてメジャーデビューするきっかけともなった 曲「安芸灘の風」のアルトサックス、バリトンサックス等inE♭管楽器用楽譜でエスクラリネット八重洲コルネットでもご利用になれます。 https://mucome.net/work?id=71062


既出の動画です見ません。この動画のサックスソロ楽譜いよいよ販売開始しました。

アストルピアソラの「リベルタンゴ」(Astor Piazzolla liber tangoを原曲通りではなくアドリブやフェイクを交えて演奏したクラシックサックス奏者~須川展也((アルバム『須川展也
BEST・『1930Cafe~ピアソラに捧ぐ』収録のリベルタンゴとフュージョンサックス奏者~伊東たけし(アルバム『アランフェス~T.Kadagio』収録のリベルタンゴのレージングをふんだんにバランス良く取り込みアルトサックスからソプラノサックスへの二本持ち替えで演奏出来るようクラシック・フュージョン・ミックススタイルでピアソラは踊る人ではなく聴く人の自由を目指したタンゴを世に送ろうとリベルタンゴを作ったとされますが、この楽譜は演奏家の自由度を重視した結果聴衆を楽しませようと言う思いで私が演奏した曲で単に原曲の楽譜ではなくあくまでこの動画での私の演奏しているものを楽譜にしておりますので万一楽譜を購入される場合はその点はお気をつけ下さい。前半アルトサックス楽譜はinEE♭なのでバリトンサックス、エスクラリネット、エスコルネット、後半ソプラノサックス楽譜はinB♭なのでテナーサックス、ベークラリネット、はすクラリネットやトランペットでも演奏できますが、サックスの奏法や音域を想定して作成いるので動画をよく聴いてご判断下さい。伊東たけ氏のこの曲の楽譜は出ていないですし、須川展也氏のはヤマハミュージックメディアから『サクソフォンレパートリー
須川展也 フィーチャリングアルバム』という楽譜集に掲載はされておりますがすでに絶版ですので両氏のファンにも大変オススメの楽譜です。コピー再現度は高いです。こちらもシーガルに次いでお問い合わせが多かった楽譜です。

https://mucome.net/creater/work?id=70964

自分はクリスチャンじゃないのでよくわからないのですがレッスンで賛美歌やJworship(ジェイワーシップ
のリクエストを受ける機会が多くあり、中でも風変わりなオーダーとしては賛美歌の合唱にアルトサックスで合唱にオブリガートで絡みたいというオーダー。世界中でたくさんのアーティストがcoverしている「花も(花よ)
h
」ですが今回アルトサックスなどE♭管用・オブリガート楽譜を作る際にどの歌に絡むかを想定したかというと群馬のインディーズロックバンド秀吉(作詞作曲は柿澤秀吉)のアルバム『テルハノイバラ』収録曲「花よ」キリスト協会の賛美歌資料上では内越努作詞・作曲MEBIG歌の讃美歌。英語タイトルは「With Flowers」でゴスペルグループのNCM2も歌っている。イ・ジュンソクのハングルアルバム『이준석 – 꽃도 「花も」 Hanamo – Junseok Lee』(CD/iTunes/Amazon)を日本、韓国、米でリリースされている。



歌のメロディに力強さや歌、合唱にパワフルさがあると肉声に最も近いと言われているサックスでは絡みやすい歌のメッセージの伝達力も強くなって感動的なものになると思います。ボカロで初音ミクも歌っていますね。
この賛美歌やゴスペルの歌や合唱に出逢ったら是非ともアルトサックスで
このバージョンで参加して一花添えて下さい。

ボカロで初音ミクも歌っていますね。

このページのトップヘ