札幌のサックス教室 サックスセラピーのブログ

札幌サックス教室サックスセラピーのサックス講師によるサックスにまつわるブログ。

2015年11月



百舌の高鳴きを聞いて、こいつにサックスやらせたらタンギングもフラジオもそつなくこなすのかな、などとたわいもないことを考えることしばし…。


今月はレッスン以外にホテルでの演奏の仕事がありました。 札幌エミシア、岩見沢サンプラザ、札幌パークホテル、登別グランドホテルで演奏してきました。

故郷の登別への出張は丁度雪が積もった日で、14時に札幌出たのに到着が19時、リハは間に合わず本番ギリギリで冷や汗ものでしたが、司会や進行の方々も私よりも遅れての到着だったので事無きを得ました。


DSC_0013

今は亡き私の母は温泉街で働いていたのですが、よく会話に出てきたさまざまな温泉施設やホテルを目にして、愚痴一つも言わずに汗水流して働いていた母への感謝の念でいっぱいになりました。

演奏時間よりも温泉に浸かっている時間の方が長く、貧乏性な私は「こんな贅沢させていただいてよいのか?」と思って過ごしていました。

11月もアッと言う間に終わりですね。ただひたすらサックスバカな毎日。

TS3W0175

生徒さんからもらった壊れたサックスをブラスワークで甦らせたり、


soprillo-rigature

ソプリロのリガチャーをリングタイプに替えてみたり、


生徒さんの楽器を驚きの安価で探してあげたり、採譜作業に没頭したり。仕事だから当たり前なんですけどね。
でもまだまだ筋金入りのサックスバカとは自称でも言えない。


普段あまりテレビや映画を見ない方なのに、水曜ドラマ「無痛」や金曜プレミアム「アンダーウェア」は欠かさず観ているし、久々に"おひとりさま"で映画館へ行き劇場版 MOZUを楽しんでしまった!


100%サックス脳への道は遠い。



今月の締めくくりは釧路での演奏です。









 


毎年12月はあちこちの楽器店でイベントやフェアがあってわくわくしますね。
自分はわくわくしても足を運べないことが多いのですが、お時間ある方はぜひ行ってみてください。

12/5(土)・ 6(日) 冬の管楽器フェア(ヤマハミュージック札幌店)

中でも注目は

◆管楽器無料点検会
◆アトリエモモ リガチャー試奏会
◆バードストラップ オリジナルストラップ受注会
◆リード調整会

◇12/27(日) 須川展也氏によるサクソフォンクリニック 


サクソフォンフェア2015・無料調整会(三響楽器)
◆12/12(土)・ 13(日) ヤナギサワ DAY
◆12/19(土)・ 20(日)   セルマー DAY
◆12/27(日)・ 28(月)   ヤマハ DAY

◇12/27(日) 田中靖人氏によるサクソフォン選定会・ミニコンサート
◇12/27(日) 田中靖人氏 サクソフォンレッスン


 


先日、道内7箇所で演奏させていただく予定とお伝えいたしましたが、さらに釧路・函館・帯広の三箇所が追加となりました。

追加の三箇所でも出張サックスレッスンを行います!

詳細はこちら↓
岩見沢・登別・釧路・函館・小樽・帯広 一日限定・出張サックスレッスン

この機会にぜひご受講ください。


今年はレッスン以外の仕事がよく舞い込んできます。11月12月とまたまた某企業からオファーいただきました。道内7箇所で演奏させていただく予定です。ありがたいことこの上なしです。

そのうち岩見沢・登別・小樽の三箇所では空き時間を利用させていただいて、出張サックスレッスンいたします。サックスセラピーが気になっていたけど札幌までは足を運びにくかったという方、平日ではございますがご都合が合いましたらぜひご受講願います。

詳細はこちら↓
岩見沢・登別・小樽 一日限定・出張サックスレッスン


最近の個人練習課題は複数種のスラップタンギングの使い分け、マルチフォニクスの音楽的利用などをやっておりますが、スラップばかりやっているとリードがものの見事にすぐ駄目になってしまう。どちらかと言えば避けていた異素材リードをいよいよ使用せねばならないのかと思案中であります。

数日前、練習中リードが気付けば真っ赤、舌から出血しておりました。これは吹き方が悪いに違いない。

舌休めに動画を漁る。こんなにゴキゲンなThere Will Never Be Another Youを聴かされたらたまったもんじゃない。James Carterは大好きなサックスプレイヤーの一人。そしてJody Espinaはジョディ・ジャズ(マウスピース)の創設者。これだけ吹けりゃさぞかし楽しいことでしょう。






 


昨日は私の母校である幌別中学校の第30回記念定期演奏会に参加してきました。

第2部とアンコールは第2期(私)から第30期までのOB・OGと現役の中学生との合同演奏で感無量でした。

サックスは残念ながら私の知っている顔はいらっしゃいませんてせしたが、たくさんの懐かしい顔ぶれが集まり、まるで中学校時代にタイムスリップしたかのように楽しい夢のような一時を過ごさせていただきました。

この場を借りて、橋本先生・現役の吹奏楽部員はじめ、企画運営に携わった全ての方に感謝申し上げます。


頼まれてもいないのに荷物をたくさん抱えて演奏会に出向くのはいつものことですが、今回私は5曲に対し、4本のサックスで臨みました。

1 オーメンズ・オブ・ラブ(ソプラノサックスで) 
2 サウンド・オブ・ミュージック・メドレー(アルトサックスで)
3 イギリス民謡による行進曲(E♭クラ・パートをカーブドソプラニーノサックスで)
4 フィンランディア(アルトサックスで)

アンコール  星条旗よ永遠なれ(E♭クラ&ソプラノサックスのパートをソプリロで)


思い出の幌別中学校第30回記念定期演奏会

①現顧問の橋本先生(写真の中で最年少!)を招いての前夜祭 
楽しすぎて笑いすぎの自分

②演奏会本番
こんなにステージの前の方で演奏したことないっ!(前列に自分が中学生の時はテナーだったので) 
もう少し右にずれたら良かった。現役の子たちにかぶっていて反省。

③演奏会後の記念撮影
帰ってしまった方、演奏に参加しなかった方など含めたらもっと大勢だったことでしょう。何だかグッときます。

④こじんまりと打ち上げ
中学高校で仲良くしてた二つ下・三つ下と盛り上がる。名残惜しさにその場を一旦お暇したのに戻って(笑)何と延泊しちゃいました。


定演当日だとなかなか実現は難しいと思いますが、もう少し知らない世代のOB・OG、現役中学性とも交流したかったです。

自分の隣はサックスパートで唯一の三年生だったのですが、しっかり者で気配りもでき、何よりも演奏が熱く心がこもっていて素晴らしかったです。OB・OGの中でも好評でした。ほんの少しお話しましたがましたが、 偶然にも自分と同じ高校を目指しているとのこと。なおさら心から応援したいですね。

サックスパートに限ったことではなく、温かみのある幌中サウンドを継承してほしいと思いました。


普段はフュージョン・スムースジャズ・ポピュラー系が多く割とリラックスモードでやっている私ですが、この日は吹奏楽三昧で独特の緊張感を持って演奏し、隅々まで心が洗われました。

今回のタイムスリップ体験で今思い返すと中学・高校がただ若いということではなく、いろいろな面で一番輝いていたんだなと思います。輝いていた時代の自分に笑われてしまわぬよう今を過ごしたいものです。


本当に楽しく嬉しくありがたい時間でした。心はすっかり中学生です。早く夢見心地から抜け出さないと仕事になりませんね。





 

このページのトップヘ