札幌のサックス教室 サックスセラピーのブログ

札幌サックス教室サックスセラピーのサックス講師によるサックスにまつわるブログ。

2014年08月


サックスではないですが、個人で教室を持ちレッスンしている講師の中には、何人か集まって合同で発表会を開催したりすることがあるようです。「準備も分担して行うから負担が少ないよ」などと言われますが、体力が続く限り、こじんまりとした発表会でもできれば単独で開催したいなと思っています。

今年で五回目になり一人で事前の準備をするのも少しは慣れてきたのですが、やはり時間がかかりますね。22時23時に帰宅してから毎日少しずつやっておりますが、どうしてもこんな時間帯になります。

タイムテブル組むために、曲の演奏時間を、同じ楽譜を使用した音源を探して計測したり、音源が探し出せない場合は小節数・拍数とBPMから計算したり。あと作曲者を調べてその表記の仕方をどうするかとか考えたり。

エントリーフォームの提出や記入がないとこんなことでも意外と時間がかかるんですよ~(泣)

でも今年はこれでもかなりのスピドで準備を進めています。記念品は全て決めて発注済みだし、告知も集客効果が期待できる媒体に絞ってアプーチ。最も時間がかかるプログラムも塗り足し作ってPDFにして、つい先程入稿完了!

何度も校正は行いましたが、エントリーフォーム6割が未提出だと何と照合してよいやら・・・。ですので万一誤表記などあった場合は何卒ご容赦願います。エントリーフォームまだの方は今から提出しなくても大丈夫です。しっかり本番に備えてサックスの練習してくださいね。

今年は生徒さんのソロ・デュオの他、サックス・クインテットが2チーム参加してくださいます。先日ブログに載せたフライヤーだと写真が小さすぎてよくわからなかったと思うので、少し見やすい写真を載せておきますね。

saxtherapy-player

サックス・アンサンブル トラ☆ベールの皆さんは曲によって4重奏、5重奏とメンバーが入れ替わって演奏してくださいます。確かに5重奏固定だと楽譜が出てなかったりして選曲に苦労しますよね。

Imparfait(アンパルフェ)の皆さんはガールズバンド!何と旭川から来てくださいます。はるばるありがとうございます。

そして私・・・。これはどうでもいいか(笑) 写真撮るのも撮られるのも嫌いなため、この写真も古いものを使い回し。


先月末のシティ・ジャズでキャンディ・ダルファーのライブに行ってきた二人の生徒さんが、今回の発表会でキャンディ・ダルファーの曲を演奏するのですが、そのうちのお一人が何とも羨ましいお宝を見せてくださいました。

candydulfer2014

キャンディ・ダルファーにサインをもらっただけでなく、ツーショットで写真撮影!

ライブ前日からドキドキしてたらしいですが、この時の心拍数はかなりの急上昇だったでしょうね。



参加される全員の演奏を楽しみにしています。



 


お盆休み・夏休み皆様はどう過ごされましたか?

私は今年お盆休みは無かったのですが、先週午前中だけ空いていた日に小樽へお墓参りに行ってきました。墓前で手を合わせてくると何だか気分が落ち着きます。

帰りに小樽駅前で偶然、しばらくお休みしていた生徒さんにお会いしました。久々の再会に感激し、駆け寄り握手。聞けば手術などでサックスをしばらく吹いていないとのこと。「またレッスンに行っていいですか?」の問いに即「いつでもお待ちしております!」とお答えしました。

ドタキャン、急な音信不通、どんな理由で足が遠ざかっていた方でもレッスン再開は大歓迎ですよ!「根に持つタイプ」と思われがちな私ですが、その辺りはかなり寛大なのです。


時期を同じくして、衝撃的なコンタクトが某SNSを通じてありました。以前にも書いたような気がしますが、SNSはあまりのめり込まないようにしています。少なくとも毎日マメにチェックとかはしたくない性分です。 もっとも仕事以外がリア充なら話は別なのですが・・・。


連絡をくれたのは中学・高校時代の吹奏楽部の二つ後輩(担当楽器はパーカッション)。鮮明に覚えていただけに大変嬉しかったです。

責任感があって頼もしくユニークだった彼女は今もドラムを続けて活躍中らしい。部活を共にしたのは、二つ下なので中学の時一年、高校の時一年の計二年だけですが、彼女に出会っていなければサックスは続けていなかったのかもしれません。

記憶が確かなら、中学1年の彼女が私に「THE SQUARE(現在のT-SQUARE)」の存在を知らせてくれたのです。今でも時折生徒さんにリクエストしていただく"Foregotten Saga"~当時すぐに気に入ってよく吹いていました。私のフュージョン好き人生の幕開けです。

きっかけをくれただけでなく、人徳のある所謂かわいい後輩ってやつで、卒業の時にドラムのスティックなぞプレゼントしたことも思い出しました。

自分が高3の時に彼女が同じ高校に入ってきたことも心が踊りました。(あ、誤解のないように言いますが決して恋愛対象ではありませんよ。 私は当時サックスを吹いていた同学年の方とお付き合いしてましたので)

彼女にドラムを担当してもらい、学校祭に向けて期間限定の即席フュージョンバンドを結成。"宝島"や"遠雷"などを演奏しました。楽しかったな~♪

自分にも青春時代があったなんてことは完全に忘却の彼方でした。


中3の時私は吹奏楽部の部長で、彼女は私のことを下の名前で「○○先輩」と呼んでいたのですが、二十数年経っていることがまるで嘘かのように、また「○○さん!音楽バカなんだね!」と投げかけてくるんです。


こんなにも心地良い「バカ」呼ばわりがかつてあっただろうか?(笑)


普通の大人と違って、中3をピークに人徳は無くなっていくばかりですが(汗)、サックスに対する情熱とサックスが好きな生徒さんを心底応援したい真摯な気持ちだけは今後もますます強くなっていくことでしょう。


これでまた新鮮な気持ちでサックスに向き合えます。音楽に貪欲になれます。


音に輝きと直向さと少々の蘞味を求めて。





レッスンを長年やっていると例外はあるものの傾向が見えてきます。

サックス以外の音楽経験は言うまでもなく、音楽以外の経験もサックス上達にプラスになっている生徒さんをよくお見受けします。

ピアノ・エレクトーンなど鍵盤楽器の経験がある方
⇒譜読みが早いです。サックスの楽譜は単音ですから簡単に感じるのでしょうね。

歌がお上手な方、カラオケ好きな方
⇒自然とお腹に力が入るのか音が大きく、音程にも敏感です。ブレスのタイミングも良いです。

ドラム経験がある方やダンスが得意な方
⇒リズムを足や体でカウントできるのでリズム感が良いです。

木管楽器経験のある方
⇒特に指が早く回ります。

金管楽器経験のある方
⇒のどの使い方が上手いので倍音・フラジオのコントロールが習得しやすいようです。

演劇・芝居の経験がある方
⇒表現力があり、演奏中の感情移入が得意。

ご家庭で音楽がよく流れている方
⇒選曲がしやすく次々と課題を見つけていける。

サックスをやる前からサックスのを曲をたくさん聴いていた方
⇒目標を定めやすく、音色が良い。

スポーツが得意な方、体育会系の部活動に入っていた方
⇒ロングトーンが安定しやすい。特に水泳が得意な方は腹式呼吸もバッチリ。


まだ探せばたくさんあると思います。列挙した上記の項目のいずれにも当てはまらなくてもご安心くださいね。


サックス講師の私は何一つ当てはまらないのです。サックスしかやってこなかったからな~(笑)
腰を悪くするずっと前から特にスポーツは苦手でした。


職種によっても傾向が感じられます。

私の元には教育・医療関連に従事している方が少なくないのですが、そういった方は長続きしている方が多く、探究心も大変強かったりします。


一見サックスに関係なさそうな経験もサックス上達に良い影響があると言えます。サックスの練習に行き詰ったら一旦他のことに没頭し気分転換すると、スランプを脱出できるかもしれませんね。







 


現在アルトサックスで使用しているロブナーのメタルマウスピースは1980 年代に廃盤になったらしいですが、10年ほど前に中島公園そばのヤマハのワゴンセールで偶然見つけ、それ以来気に入って使用しています。

Deep-Vと呼ばれるウインドウを持つのが特徴で、現行品だとジョディジャズメタル(DV・DV NY・CHI)が近い形状を持っています。

リード の振動面積が広く鳴りが豪快、リードが接地するテーブル面が狭いため、リードの裏面が平らじゃなかったり、リードの繊維に水分がたまってきても、それらに左右されることが少ないように思えます。

先日テナーでジョディジャズメタルCHIを試奏した時にも同じことを感じました。ただジョディジャズメタルはお値段が高いのと、好きなCHIモデルにアルト用が出ていないのが難点。

今使用しているロブナーのメタルも使い込んでだいぶ劣化しており、スペアが欲しいと思っていたのですが、国内にはなかなか無く、ここ1、2年前は唯一何点か見つけることができたeBayでもここ最近はほとんど見かけなくなってきました。


しかし、国内で、しかも自分が使用しているのと全く同じティップオープニング(6L)のデッドストック(ほぼミント状態)を発見!今後も安心して仕事ができるようゲットしちゃいました。

rovner-metal

送料無料まであと一点購入しなくちゃいけなかったので、ついでにギャラックスのブラボーケース(ベル収納タイプ~写真上部)も購入。

見つからないと思ってあきらめかけていた物が見つかると嬉しいものですね。



 


今年で五回目となる札幌サックス教室・サックスセラピーのサックス発表会。エントリー締切は8/15です。エントリーしていただいた皆様(予定の方を含め)には深く感謝しております。駆け込みでの参加も歓迎いたしますよ!

今年は昨年度の反省から例年より早目に準備を進めております。少し気が早いですが、演奏予定曲を紹介いたします。

普段のレッスンでの選曲の参考になさってみてもいいですね。
一般の方も無料でご入場できますのでお気軽に足をお運びください。


【演奏予定曲】 (プログラム順ではございません)

◆アイ・キャント・メイク・ユー・ラヴ・ミー/キャンディ・ダルファー
◆アイル・クローズ・マイ・アイズ/ビリー・レイド 
◆A列車で行こう/ビリー・ストレイホーン
◆オールド・フォークス/ウィラード・ロビソン
◆銀河鉄道999/タケカワユキヒデ
◆ケアレス・ウイスパー/ワム! 
◆煙が目にしみる/ジェローム・カーン
◆この素晴らしき世界/ルイ・アームストロング
◆スウィート・メモリーズ /松田聖子
◆スターダスト/ホーギー・カーマイケル
◆ステラ/ディメンション
◆テイク・ファイブ/ ポール・デスモンド
◆時の流れに身をまかせ/テレサ・テン
◆トワイライト・イン・アッパー・ウエスト/T-スクエア
◆虹の彼方に/ハロルド・アーレン
◆ニューヨークの想い/ビリー・ジョエル
◆ピック・アップ・ザ・ピーセズ/キャンディ・ダルファー
◆フォスターラプソディ/鈴木英史 
◆ふるさと/唱歌 
◆マイ・フーリッシュ・ハート/ヴィクター・ヤング
◆真赤な太陽/美空ひばり 
◆マンボNo.5/ペレス・プラード
◆りんご追分/美空ひばり
◆レディバード/タッド・ダメロン
◆我が心のジョージア/ ホーギー・カーマイケル

札幌のサックス教室・サックスセラピーなどで私のサックス・レッスンを受講している生徒さんたちが主役の演奏会です。 今年は出演者数・演奏曲数が過去最多となります。来場者数も昨年を上回るかな?

入場は今年も無料となっております。

音楽やサックスがお好きな方、音楽教室にご興味がある方、サックスを習ってみたい、レッスンを受けてみたいというお気持ちを少しでもお持ちの方、発表会にはエントリーしていない生徒さんなど、お一人でも多くの方に聴いていただきサックスを楽しんでいただければ光栄です。


告知フライヤーはこんな感じに仕上がりました。↓


札幌サックス教室サックスセラピー2014発表会frier
 

《2014 Sax Therapy 第5回サックス発表会》

【開催日時(予定)】

2014年9月15日(月)
開場;19時00分
開演;19時10分予定 
(終演予定は21時)

※変更がある場合は当ブログでご案内いたします。

【場所】
札幌市時計台ホール
札幌市中央区北1条西2丁目

市営地下鉄南北線、東西線、東豊線大通駅下車市役所側出口徒歩5分

【入場料】無料

※定員150名
※ビデオ撮影は禁止とさせていただきます。
※駐車スペースの利用はご遠慮ください 

お好きな曲、知っている曲はございましたか? サックスで演奏したらどんな感じか気になったあなたはサックスがお好きですね!

皆様のご来場を心よりお待ちしております。 

 


このページのトップヘ