札幌のサックス教室 サックスセラピーのブログ

札幌サックス教室サックスセラピーのサックス講師によるサックスにまつわるブログ。

2013年04月


生徒のみなさんがお持ちのサックスには大抵付いているHighフロントFキー。普段、左手人差し指で押している記譜音シのキーの上にある枝豆みたいな形状のキーのことで、フラジオや高音ミ・ファ・ファ#の替え指で使用するキーです。

私が使用しているサクセロ(ソプラノサックス)は1920年代のヴィンテージ楽器でこのHighフロントFキーがもともと付いておりません。さらに右手のHighF#キーも付いていないので、これまで標準音域最高音のファ#は指がつりそうな運指を用いてきました。

例えば高いラの運指+パームFキー+サイドキー(上と下2つ)みたいな感じで。(苦笑)


eBAYで発見した瞬間落札してしまったOlegの"F-Fork key Assembly for Saxello"というパーツをリペアの方にはんだ付けしてもらいました。

saxelloFforkoleg








楽器本体もパーツもGPだったためはんだ付け自体は問題ありませんでしたが、パーツ自体の加工や共振を防ぐ処理なども施していただきご面倒をおかけしました。

これで運指がだいぶ楽になります。感謝、感謝です。


冗談で「HighGキーも付けてもらおうかな」と話したら、丁重に断られました。(笑)

curvedvsstraight





















ソプラノ、アルト、テナーまでは実際に見たことがありますが、カーブドソプラニーノサックスやらストレートバリトンサックスまであるとは。

人は曲がっていると伸ばしたく、伸びていると曲げたくなるものなのですね。


ブラスパイアのソリッドシルバーネックをどうにかこうにか入手し、私のヤナギサワ・テナーサックスT-50に装着。

以前アルトでも長い間ソリッドシルバーネックを使用していて、私にはしっくりくる。倍音成分が豊かで遠鳴りし、吹奏感は重過ぎないのに重厚な音も出せる。サブトーンも抜群に出やすい。

ネック下には2種類のモニタリングブレードというパーツを取り付けることができ、ブレード無しの状態と合わせると3種類の響きを楽しめる。使用中の可変式マウスピースstrathonアジャストトーンとの組み合わせを研究して、レッスンに来られるテナーの生徒さんの嗜好に合わせて吹き分けたいものです。

brasspiret50


















サンボーンのアルト・ネックほどではありませんが、そのままだと少し緩めでしたので、先日T-50購入元のリペアマンにネックを太らせ、ネジも短く切ったBUZZのコネクション・スクリューに交換していただきました。

余ったオリジナルのヤナギサワ・ネックはそのままだと剛直すぎるので時間ができたらまた何か加工を施したいと思っています。




two-five “Spring Concert”

日時: ■平成25年4月21日(日)
[第1部]11:30~ 
[第2部]14:00~
 

場所: ■イーアス札幌・イーアスコート(Aタウン1F)

札幌市白石区東札幌3条1丁目1-1 TEL 011-817-7570
アクセスマップ フロアマップ  

地下鉄東西線「東札幌」駅下車 1番出入口より徒歩3分(札幌コンベンションセンターとなり)



◎観覧無料

two-fiveイーアス札幌店・音楽教室の講師・ピアノインストラクターによる春のコンサートを開催。
ピアノ・ギター・ベース・ドラム・サックス・フルートによる様々なジャンル&スタイルの演奏がお楽しみいただけます。音楽スクール新規受講も会場で承ります。お気軽にご相談ください。

第1部・第2部ともに私もサックスで出演いたします。下線付き太字が私の演奏する曲です。ボサノバ、ジャズ・ブルース、クラシック、ポップス、アニソンとよりどりみどり。色々なサックスを堪能できます。


《プログラム(演奏予定曲目)》

[第1部]11:30~
①ディズニー・メドレー【山口美鶴(リトミック、キッズ・ピアノ)&椎名春奈(フルート)】
②【フルート・オカリナソロ~椎名春奈】
③幻想即興曲/ショパン【ピアノソロ~安江梨菜(ピアノ)】
④グレイテスト・ラブ・オブ・オール/ホイットニー・ヒューストン【ピアノ弾き語り~肥塚千夏子(ボーカル、ピアノ)&内田聡(ベース)&下野賢臣(カホン、ドラム)】
⑤Emi あなたへ/古澤良治郎[ボサノバ]
  F Blues[ジャズ・ブルース]
    【バンド~肥塚千夏子&内田聡&横辻清夫(ギター)&石川直樹(ドラム)&佐藤智文(サックス)

私はバンドに参加して二曲、アルトサックスで演奏します。去る2/17(日)のtwo-fiveスタジオライブで演奏した曲ですので聴き逃した方、もう一度聴きたい方は是非!

[第2部]14:00~
①動物の謝肉祭より第7曲「水族館」、第14曲「終曲」/サンサーンス【ピアノ連弾~伊藤美由紀(ピアノ)&安江梨菜】
②風笛/大島ミチル【ピアノソロ~前川眞美(ピアノ)】
③【アコースティックギター&エレキギター・セッション~長沼発(アコースティックギター)&横辻清夫】
④チャルダッシュ/モンティ[クラシック]
  ありがとう/JUJU[ポップス]
サックスソロ~佐藤智文&安江梨菜】
⑤銀河鉄道999[アニソン]【ピアノ連弾&サックス・ドラム~高橋和歌子(ピアノ)&安江梨菜&佐藤智文&下野賢臣】

私はラストの方で初披露となる三曲を演奏いたします。JUJUの「ありがとう」は今回唯一、自分自身の選曲。ソプラノサックスで歌い上げます。

TS3W0028

























観覧無料となっておりますので、お時間のある方は是非聴きに来てくださいね。






♯♪♯♪♯ Sax Therapy 第4回サックス発表会のご案内 ♯♪♯♪♯

いつもレッスンに足繁く通っていただいている生徒さん、またブログを閲覧していただいている方、誠にありがとうございます。

生徒さんの演奏発表会も今年で第4回目となります。今年は日曜日の開催に戻りました。
自由参加ではございますが、一人でも多くの生徒さんに発表会をぜひ目標の一つに掲げていただきたいと思っております。

これから入会してサックスを習っても間に合います。


休会中の方も一念発起でステージに立つべくサックスに励んでみませんか?

スタミナ溢れる小学生、中学生、高校生の方はもっともっと積極的にご参加いただけると嬉しいです。

親子で演奏、私と演奏という選択肢もございます。より多くの方にご参加いただけますことを所望します。



【開催日時】
2013年9月22日(日)
開場;18時50分
開演;19時00分
[申込状況によっては多少の時間変更あり]
(終演予定は21時)

※出演時間や出演順は予めご希望を承ります。

※当日簡易リハーサルあり

【場所】
札幌市時計台ホール

札幌市中央区北1条西2丁目

市営地下鉄南北線、東西線、東豊線大通駅下車市役所側出口徒歩5分

電話011-231-0838

※会場に無料駐車場はございません。恐れ入りますが各自お近くの有料駐車場を利用なさるか、公共交通機関をご利用願います。


【入場料】
無料

※定員150名


【参加費】
ソロ…6000円
ソロ(2曲)…8000円
ソロ(3曲)…10000円
デュオ…4000円
バンド・アンサンブル(3名以上・アコースティック楽器限定)…[メンバー1名につき]生徒さん1000円、一般1500円


◆グランドピアノ(ヤマハS4)使用料金…無料
グランドピアノを伴奏で使用できます。使用予定の方は7/22までにお申し出ください。

※ソロは生徒さんのみ、デュオ、バンド・アンサンブルはメンバーに生徒さんが最低一人含まれることが参加条件となります。

※ソロ伴奏者の用意がある場合はその旨お申し付けください。ソロ伴奏者の参加費は無料です。


【定員・時間制限】
全20枠

ソロ…先着15枠・一曲5分以内
デュオ…先着2枠・一曲5分以内
バンド…先着2枠・一組20分以内

※時間制限はあくまで目安です。募集段階で枠に偏りがある場合、バランスを見ながら随時変更することもあり得ます。

優先順位はソロ→デュオ→バンド・アンサンブル。

同一生徒さんによるソロの複数エントリーは最大三曲まで、演奏曲数の決定は締切直前までお待ちいただく場合がございますのでご了承ください。

【申込締切】
定員になりしだい締め切ります。募集前から選曲し、すでに練習を開始されている方もおりますので、お早めにメールにてお申し込みください。

定員に満たない場合の最終締切は2013年8月22日(木)までとさせていただきます。


【参加費お支払い締切】
2012年8月22日(木)

【参加特典】
ソロ・デュオにエントリーされた方…台紙付写真・記念品

【その他】
バンド・アンサンブルにつきましては参加費を抑えておりますため、写真をご用意できない場合がございます。ご必要であれば身内の方などに撮影をお願いしてください。(演奏・鑑賞の妨げにならない範囲で)


※DVD希望の場合は別途2500円(予定)で購入可能です。ただしソロ・デュオにエントリーされる方が10名以上おり、その全員に購入希望がある場合に限ります。条件を満たさない場合は業者との契約により撮影依頼ができないためDVDをご用意できません。ご必要であれば身内の方などに撮影をお願いしてください。

業者による撮影が入る場合、プライベートによるビデオ撮影は禁止とさせていただきます。(写真撮影は可)


たくさんの方のご参加、ご観覧を心よりお待ちしております。


このページのトップヘ